FC2ブログ
面白動画や無料ゲームや面白サイトなど いろいろ紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変わらぬ因縁の地 中国人観客マナー、レッドカード サッカー東アジア選手権

サッカーの東アジア選手権は17日、中国・重慶で開幕した。重慶は2004年7~8月に行われたアジア杯で反日感情むき出しの応援が問題となった因縁の地。重慶市公安当局は念入りな暴動対策を講じていたが、日本-北朝鮮戦で日本の国歌斉唱中にブーイングが起きるなど、4年前の教訓が全く生かされていないことを露呈した。

                   ◇

 重慶の五輪センター体育場。雨上がりの霞がかった競技場に日本国旗が入場した瞬間、観客席の一部からブーイングや口笛が起こった。君が代斉唱の際にはその音量がアップ。中には、日本選手に向けて中指を立てて、挑発する観客もいた。

 重慶市公安局は14日の時点で“球迷”(サッカーファン)に向けて、「文明的な観戦」を求める通達を出していた。「酩酊(めいてい)者の入場」や「物を投げたり、痰(たん)を吐く行為」を禁じたほか、日本-中国戦を意識しているかのように、「勝敗には冷静に」「小競り合いを避け、故意に騒動の原因となるような行為をしないこと」をファンに要請。悪質な行為には、刑事責任を問うとしている。

 だが、日朝戦で前半6分に北朝鮮が先制すると、客席はおろか報道陣も立ち上がって拍手をする始末。その後も、日本選手がボールを持つたびにブーイングが起きた。後半20分、日本の交代時には悪態をつき、その3分後、北朝鮮の交代の際には拍手をおくるなど、露骨な差別が見られた。

 公安当局は期間中、警備に1万2000人を投入する予定という。中国-韓国戦も行われた17日は1400人態勢で警備にあたった。入り口での50センチ以上の棒や飲料の持ち込みなどは徹底的にチェックしたが、反日感情まではコントロールできなかった。結局、競技場の中では監視の目が届かず、通達していた禁煙も守られなかった。

 日朝戦の前に行われた中韓戦で、中国代表は30年ぶりの韓国戦勝利を逃し、中国人ファンの間にはフラストレーションがたまっている。中国で試合経験のある日本選手は「前も似たような感じだった」と意に介さないが、20日の日中戦に向けて、重慶がきな臭くなってきた。



余談
昔日本が戦争で中国にいろいろとしたことが原因かもしれないがさすがにスポーツにまでそういうところを見せるのはね~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/19(火) 10:50 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokomirunayo.blog97.fc2.com/tb.php/838-7fb0ae45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。