面白動画や無料ゲームや面白サイトなど いろいろ紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松井秀がワースト2位 年俸払い過ぎランキング

 米スポーツ専門誌スポーティング・ニューズのウェブサイトは21日、成績の割りに高年俸を得ていると思われる選手をカテゴリ別にワースト5までランキングした記事を掲載。その中の、昨季までの契約期間が2年以下という「契約期間の短い打者」部門で、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手が2位にランクインしている。

 同誌は今季年俸が800万ドル(8億6000万円)以上の選手のうち、昨季以前から複数年契約を結んでいる86人をピックアップし、100万ドル(約1億1000万円)あたりで何勝に貢献したかを査定。平均は1・4勝だが、2006年から4年5200万ドル(約55億8000万円)で契約している松井は過去2シーズンで0・9勝分しか貢献できておらず、同誌は、松井はかつては「鉄人」だったが、ここ2年は相次ぐけがで計194試合しか出場できていないという短評をつけている。

 なお同部門でワースト1位とされたのは、ボストン・レッドソックスが2006年オフに5年7000万ドル(約75億2000万円)で獲得したJ.D.ドルー外野手。「契約期間の短い投手」部門ではロサンゼルス・ドジャース移籍1年目の昨季に故障でわずか1勝に終わったジェーソン・シュミット投手がトップにランクインした。また、「契約期間の長い打者」部門では、シンシナティ・レッズ移籍後の8シーズンで140試合以上に出場したのが2回しかないケン・グリフィー外野手、同投手部門では、故障に泣かされて4年4000万ドル(約43億円)の契約期間でわずか19回しか登板できなかったニューヨーク・ヤンキースのカール・パバーノ投手がワースト1となっている。


余談
巨人のときはバカスカ打てた松井ですがやっぱり本場だと厳しいっすね~。ですがこれからも頑張って欲しいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokomirunayo.blog97.fc2.com/tb.php/843-79de3a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。